Forging Business

事業紹介

優れた技術力と品質保証で生産される
シンニッタンの鍛造部門
創立以来、幾多の困難を克服し、鍛造事業を海外にまで拡大することができました。
新工法、新商品の開発はもちろん、3ゼロ運動(品質、納期、安全)、3M(ムリ、ムラ、ムダ)の排除、3R(リデュース、リサイクル、リユース)を徹底し、顧客に信頼される企業、地域社会に貢献する企業を目指します。
What is forging?
鉄などの金属に強い力を加えて形を変えるとともに、頑丈で強固な特性を備えた製品に造り上げる、まさに「 鍛えて物を造る」のが鍛造です。
自動車部品をはじめ、ネジ・歯車など、強度と安全性がもとめられる量産部品の成形に使われています。

シンニッタン鍛造事業部
4つの特徴

Advantages 01国内有数の鍛造設備

シンニッタンは、プレス、ハンマー、アップセッタ―といった3種類の鍛造設備を持ち、様々な鍛造品を成形することが可能です。
それぞれの鍛造機種を組合せて鍛造する複合鍛造という技術も可能であり、複雑形状や大型品にも対応しております。
また、10tエアードロップハンマーや9インチアップセッターは、各々の方式の鍛造機の中では国内でも有数の能力を誇ります。

金型から加工完品まで一貫生産でお引き受けします

製造工程
金型設計・製作
これまでのノウハウを生かし て適切な金型を製作します
  • 01
    鋼材入手
    信頼できる業者からトレーサビリティ証明の出来る鋼材を入手しています
  • 02
    切断
    細径~大径まで様々な鋼材に対応可能です
  • 03
    加熱
    雰囲気又は誘導加熱によって1,200℃程度に加熱します
  • 04
    型打・トリミング
    適切な鍛造機を使用し成形します
  • 05
    熱処理
    強度や加工性など目的に応じて調整します
  • 06
    検査
    多種多様な検査機を用いてお客様の要求する品質かどうか検査・試験を行います
  • 07
    機械加工
    BTA、旋盤、ホブなど様々な加工機を用います
  • 08
    高周波焼入
    表面のみ焼入れを行います。耐摩耗と靭性が両立できます
  • 09
    検査
    多種多様な検査機を用いてお客様の要求する品質かどうか検査・試験を行います
  • 10
    出荷
シンニッタンは鋼材仕入から切断、鍛造、熱処理、検査、機械加工・高周波焼入(※)、出荷まで全行程を自社で行う一貫生産体制を構築しています。一貫生産体制により、全工程で自社による厳しい品質確認が行われ、工程間の品質情報を即座に共有することで高く安定した品質を維持しています。また、型鍛造の根幹技術である金型についても自社で設計・製作しており、これまでのノウハウや品質情報を取り入れて随時適切な金型を製作することが可能です。
※機械加工・高周波焼入は高萩工場内に併設するグループ会社の「つくば工機株式会社」により行われます。

Advantages 02現場の絶え間ない改善が支える
シンニッタンの技術力

シンニッタンの1番の技術は、様々な職人が支える現場力です。
近年デジタル技術の発展により、モノづくりの現場においても職人の技術を必要としない場面が増えてきました。しかし、シンニッタンではどのような場面においても、「現場」「現物」「現実」を大切にし、「より良く」の為に改善を考えられる職人を目指しています。
また、グループとして、各々のノウハウや経験、技術を共有し、お互いに高めあって行くことを目的として技術交流を重ねております。どのような難題であっても『三人寄れば文殊の知恵』でお客様に満足して頂ける製品を目指します。
Advantages 03
グループ鍛造工場は国内外4つの拠点に分散しており、お客さまにとってのサプライヤーに対するリスクマネ
ジメントの面やコンティンジェンシープラン面でも、高い信頼をいただいております。

Advantages 04研究開発活動

新しい価値を創造、社会に貢献することにより、持続的・中長期的な企業価値向上の実現を目指します。

新技術・自動化への取組み
  • レーザーを活用した金型表面処理方法(技術)の研究
  • AIを活用した画像処理による欠陥検出の研究
  • 鍛造バリ除去の自動化
  • ハンドリング / 検査の自動化・省力化
contact
ご相談・お見積もり依頼は
こちらからお問い合わせください。
※中部鍛工株式会社、株式会社セイタンの枠をクリックすると公式サイトにリンクします。
※SIAM METAL TECHINOROGY CO,.LTDの枠をクリックするとBangkok Consulting Partnersの紹介サイトにリンクします。
↑