05
設計+営業という2つの視点で、
物流業界に貢献するおもしろさ

J・K

物流事業部 / 2019年入社

どんな仕事を担当していますか?

物流事業部では、コンテナやトラックでの輸送に利用される物流容器(スチールパレット)の設計と営業を担当しています。具体的には顧客の物流現場(工場や倉庫)を訪問し、ニーズを細かく確認した上で最適なパレットを提案します。そこで使われているトラックや扱う品によって、求められるパレットの形状は異なります。シンニッタンの製品である汎用パレットで間に合うこともあれば、新たにパレットを設計・製造することもあります。
お客様によって物流現場に生まれるニーズは千差万別です。物流には商品を運ぶだけでなく、品質保持や作業効率の向上、保管スペースや物流コストの削減など、様々な課題があります。そうした物流現場の要望を実現するのが仕事なので、ヒアリング・設計・試験・調整・量産・納品までのすべてに関わっています。

入社の決め手はなんですか?

前職ではトラックの設計エンジニアでした。シンニッタンに興味をもったのは、設計だけでなくお客様のニーズを直接感じられる営業にも携われるからでした。当初設計職で求人情報をみていたんですが、設計+営業の両方ができるのはシンニッタンだけでした。
大学では機械設計を学び、ずっと設計でやってきた中で、仕事の幅を広げたいという気持ちが強くなってきたんです。物流には業種の縛りがありません。パレットが使われる現場を通じて、幅広い業種を知ることができるのも決め手のひとつでした。

仕事のやりがいはどんなことですか?

なんといっても自分が担当する製品に、最初から最後まで一貫して関われることですね。設計と営業はそれぞれ別な人間が担当する会社が多いと思いますが、シンニッタンでは最初から最後までお客様の担当は変わりません。製品が納入されるまで、設計と営業、両方の視点から検討を重ねながら、よい製品を目指せることに大きなやりがいを感じています。
社会という側面からみると、物流が無くなることはありません。近年、ネットショッピングの拡大で、物流へのニーズはますます高まっています。シンニッタンの物流容器を通じて、顧客のビジネス拡大に貢献していると感じられることも、この仕事をやっていてよかったと思う理由です。

いま感じている課題や将来の目標はなんですか?

1人親方のような仕事なので、見落としが無いように気を付けています。お客様の工場や倉庫を観察し、同じ部署のメンバーと仕事について意見を交わす中で、リスクを回避して改善につなげるヒントを見つけるようにしています。物流事業部は1人で動く人が多いんですが、部内ではコミュニケーションが盛んで、仕事の参考になる意見を聞くことができています。
将来は、物流を通じてより多くの業種やメーカーに関わっていきたいですね。パレットだけでなく、物流に関する新しいシステムや事業にも挑戦してみたいと考えています。社会から無くなることはない物流の世界で、シンニッタンの一員として豊かな未来を創る仕事にこれからも携わっていきたいです。

これから入社する
社員へのメッセージは
ありますか?

シンニッタンは、初めて汎用パレットを開発した、物流業界のパイオニアとして知られています。90年以上の長い歴史を通じて、社内には鍛造を含む多くのノウハウが蓄積されています。古い会社と思うかもしれませんが、シンニッタンは自分の考えをかたちにしていける自由な社風を持っています。長い歴史があるからこそできる新しい挑戦を、一緒に楽しむ方を歓迎します。

一覧へ戻る

Entry インターン・採用エントリー

contact
ご相談・お見積もり依頼は
こちらからお問い合わせください。
※中部鍛工株式会社、株式会社セイタンの枠をクリックすると公式サイトにリンクします。
※SIAM METAL TECHINOROGY CO,.LTDの枠をクリックするとBangkok Consulting Partnersの紹介サイトにリンクします。
↑